最新記事一覧

新生活をイメージ

リング

ずっと身に付けるもの

男女とも身に付ける結婚指輪は、常に指にはめているものです。体の中でも一番使う手に付けるものなので、キズがついたり汚れたりする前提で選びましょう。まず素材ですが、やはりプラチナが一般的。それなりの強度、変色しにくいといった利点があります。希少性も人気の理由で、「永遠の愛」を誓うのに適した素材です。最近は、イエローゴールドやホワイトゴールドといった素材も人気のようです。プラチナよりもちょっとお安いので、ファッション性を求めたいなら、こちらを好みに加工してもらうのもいいと思います。また、女性の結婚指輪にダイヤモンドなどの宝石が付いているものもあります。デザインは魅力的ですが、水仕事でポロっと取れてしまった、なんて話もたまに聞きます。そんな悲しいことにならないよう、リングの内側に石が付いているものもあるので、新生活を想像しながら比較するといいでしょう。いずれにしても、長く使用すれば変形やサイズお直しなど、メンテナンスが必要なときはくるので、あらかじめその時に備えることが大切かもしれません。

それでもこだわりたい

私達らしい特別な結婚指輪にしたい、と思う人もいると思います。指輪ならではの素材ではなく、木製の指輪を手作りで贈った、なんて話もあります。そういう場合は、チェーンを通してネックレスのようにして身に付けたりする方法も。二人だけのものですから、結局は自分たちが納得できる予算とデザインで指輪を見つけることが大切です。そのためには、前もってイメージを話し合い、有名店からネットで作ってくれるようなところまで、ざっとでも見ておくと後悔がないと思います。指輪にそれほどこだわりがないカップルには、まず老舗の貴金属店に行ってみましょう。予算、デザイン、刻印など、店員さんも慣れているのできちんと相談にのってくれます。お店はデパートなどにも入っていることが多いので、気軽に行けるのも魅力です。結婚指輪は一生もの。二人の歴史が刻まれるものですから、納得のいくものを選びたいですね。

RECOMMEND POST